肌にいい睡眠

肌にいい睡眠

若さをキープ

お肌に良い睡眠を考えるのであれば、入眠後3時間を大切にすることです。
入眠後3時間で成長ホルモンの分泌と高まってきます。

 

 

そしてお肌が健康的に生まれ変わることができるとされています。

 

 

お肌は、約28日周期のリズムで新陳代謝を繰り返しています。これはターンオーバーといいます。

 

 

このサイクルは主に睡眠中に行われているのです。
起きて活動している間には、肌の細胞が新しく生まれ変わる事はほとんどないのです。

 

 

起きて活動している間は脳に血液の多くが集まります。

 

 

エネルギー消費量がとても多く、それを供給するために血液の中に栄養が含まれ流れ込んでいます。
睡眠に入ると脳が休憩に入ります。

 

 

 

この状態になると、血液が体の至る所に循環し、酸素と栄養を取り込み、
組織の再生と修復を行うこととなります。

 

 

体のメンテナンス時間と考えることができます。
そんな彼も特に睡眠に入ってからの3時間がとても重要なのです。

 

 

 

この時間帯の睡眠サイクルの、最も深い睡眠に入ったときに、
成長ホルモンの分泌が高まるとされています。

 

 

この成長ホルモンこそが若さをキープすること、つまり肌を乱す重要な働きをしてくれるのです。
睡眠が美肌にとって最も大切になる理由がここにあります。

 

 

肌にいい睡眠を計画的にとって、綺麗になりたいものですね。

 

 

 

化粧水が「しみる」なら


ホーム RSS購読 サイトマップ