化粧水しみる原因

化粧水がしみる原因はコレ!

突然しみる

季節の変わり目や生理前になると化粧水がしみる方は多いですね。

 

 

これの根本的な原因は、乾燥にあります。

 

 

 

お肌が乾燥していると言う事は、
バリア機能が低下しているということにつながります。

 

 

 

お肌の表面を覆っている水分バランスがしっかりと保っていないため、
外部からの刺激にとても弱くなります。

 

 

そうなると、今まで使っていた化粧水が突然しみるということにもなるのです。

 

 

 

肌のバリア機能が低下してしまう原因は、乾燥にあると書きましたが、
お肌が乾燥してしまう原因は、季節的要因や生理前といったもの以外に、精神的ストレスも挙げられます。

 

 

 

お肌が乾燥してしまうと言う事は、表面の水分が少なくなってしまう、
つまり、油分と水分のバランスが悪くなってしまうということです。

 

 

 

また、お肌の内部の乾燥を問題です。

 

 

 

肌の深層が乾燥するということは、水分を維持してくれるセラミドが減少するという事でもあります。

 

 

 

お肌の内部の乾燥については、歳を重ねることによって起きてしまうこともあるので、
防ぐ事はなかなか難しいかもしれませんが、肌表面のバリア機能を低下させないようにする方法はとても多いのです。

 

 

 

 

 

1番簡単なことでは、いつも通りのスキンケアを行わないと言う所が挙げられます。
特に、若い世代の方に多いのは、洗顔をしすぎてしまうといった点です。

 

 

 

タイミングによって肌のバリア機能が低下していることがありますので、
毎日いつも通りゴシゴシと洗顔をしていては極端な乾燥を招いてしまうことにもつながります。

 

 

 

 

毎日のスキンケアを少し見直すだけでも、お肌への負担は減らすことが可能です。
少しでも異変を感じようでしたら、いつも通りのスキンケアを見直してみましょう。

 

 

 

敏感肌専用の化粧水やクリームに切り替えるだけでもだいぶ変化があるかと思います。

 

 

化粧水が「しみる」なら?


ホーム RSS購読 サイトマップ